侵入しない対策も大事!イタチ駆除するなら徹底的に

このエントリーをはてなブックマークに追加

早めの対応が必要です

散布機を持つ人

害獣被害は早めに相談すれば、その分だけ被害が抑えられるので、かかる料金も少なくて済みます。特にねずみは出入り口の特定が難しく、全ての穴を塞ぐのは容易ではないです。害獣駆除業者なら直ぐに侵入経路を発見できるので、短期間で解決する事ができます。

Read More

害獣のトラブル

ハクビシン

頻繁にハクビシンの姿が発見される地域では、被害にあわないため、早めの対策が必要です。夜行性であるため、昼間に防御策を講じることや、発見するためには夜に観察することも大事です。小動物であるものの、捕獲には細心の注意も必要です。

Read More

再びやってこないために

鼬

再侵入を防ぐ忌避剤

人の生活において害獣とされる動物はたくさんいます。イタチもその一種で、姿は可愛いものの性格は非常に凶暴で、人をあまり怖がりません。そのために住宅の屋根裏や床下などに住み着く被害が都市部などでも増えているのです。とても賢い動物で、捕獲しようとして失敗すると、警戒心が強くなり駆除がさらに難しくなります。ですから、イタチ駆除は専門の業者に任せるのが良いとされています。ただし、イタチ駆除に成功したとしても、住み心地のよい住宅は再度狙われることがあります。そこで捕獲、追い出しが成功した後は何らかの対策をしておくといいでしょう。そこで自分でもできるイタチ駆除後の対策として、忌避剤の使用が人気となっています。これらはインターネットなどでも購入が可能であり、イタチ以外の小動物にも使用できます。

設置場所と種類

実はイタチは嗅覚が非常に発達しています。これはエサを探すうえで重要ですが、イタチ駆除の場合はこの性質を逆手にとるのです。イタチの苦手な臭いを、侵入しそうな経路に置いておくと効果的なのです。市販の忌避剤は、スプレータイプや燻煙性のもの、固形タイプがありますが、屋外に設置する場合は臭いが拡散しにくい固形タイプが向いています。また、室内用には燻煙性や木酢酢、漂白剤などが向いています。ただし漂白剤は臭いが消えるのが早いため、こまめに取り換える必要があります。忌避剤は、室内の場合は侵入口から遠い場所に設置します。侵入経路がわからない場合は、室内の中心に置き、臭いが外側に向かうようにするといいでしょう。屋外の場合は、侵入経路を取り囲むように設置することで効果が発揮されます。イタチは頭が良いので、臭いがなくなると再びやってくることがあります。なるべく定期的に忌避剤を使用するといいでしょう。万が一専門の業者にイタチ駆除を依頼する場合は、費用がかかります。作業にかかる費用は業者によっても異なるため、きちんと調べた上で依頼するようにしましょう。現在数多くの業者では、無料で見積もりを行なっているいるため、詳しい費用が知りたいのであれば一度見積もりをしてもらうのもよいでしょう。しかし、見積もりを依頼するのなら、1つのところだけではなく複数に依頼するのが得策です。

ノミの駆除

ノミ

人間の身体に付くノミと動物の体に付くノミがいますが、どちらもノミ駆除の仕方には共通点があります。とにかく清潔に保つ事が最重要なので、そこに気をつけながらほかの細かい点も気を付け、しっかりとノミ駆除をしましょう。

Read More